アンモライト研究所
化石ジュエリー宝石販売ルーム > スタッフルーム > アンモナイト化石所蔵点数日本一!三笠市立博物館を訪ねて
 アンモナイト化石所蔵点数日本一!三笠市立博物館を訪ねて
※北海道・三笠市立博物館に於いて
日時 2007年03月08日


世界最大のアンモナイトのレプリカ

北海道から発掘されたアンモナイトの数々

珍しい標本が並ぶケース

奥のショーケースが詳しいアンモナイトの進化図

三笠市立博物館外観
昔から行こう行こうと思っていながら、東京から遠いということもあり、二の足を踏んでいたアンモナイトの聖域がある。
今から紹介する北海道の三笠市立博物館というアンモナイトの専門博物館である。場所は旭川から車で高速道路を使って、約1時間15分ぐらいのところにある。
まず入口にある巨大なアンモナイトが来館者をお出迎え。このレプリカはドイツで発見された世界最大のアンモナイトのレプリカです。 写真手前の真ん中の白いものがタバコの箱です。いかにこのアンモナイトが大きかったかが想像できます。
海中でこんな大きさの生物と遭遇したらびっくりするでしょう。もう絶滅してしまって海で出会うこともないですが・・・・・。
そこを過ぎれば、直径50cmをゆうに超えるアンモナイト化石がザクザクと展示されている。しかもすべてが直接手で触れることができる。
右側の壁には、様々なアンモナイトの種類がわかりやすく整理・分類されて、展示されている。プラセンチケラス科、リトセラス科、バキュライテス科、ノストセラス科等に属する珍しい標本等がケースの中に綺麗にライトアップされて飾られている。
その奥には軟体動物の系統図や頭足類の分類図・進化図がわかりやすくケースの中に展示されている。まさに、”アンモナイトワールド”である。
博物館として、エンターテインメント性には欠ける部分が若干見受けられるが、アンモナイトに少なからず興味を持っている人ならば、かなり満足できる展示内容である。「アンモナイト」 に関していえば、世界に誇れる博物館といっても過言ではないだろう。
少し、地味目な外観なので、期待せずに入ってしまいましたが、出てきたときには、満足感いっぱいになりました。
アンモナイトを学術的に詳しく知りたい方には一日中、居られる場所かもしれません。
とくに海外の方で日本のアンモナイトに興味を持っている方などにとっては、至極のひとときを味わえるに違いありません。
日本にこんな専門的な博物館が作られたことを日本人として誇らしく思える施設でした。

アンモライト研究所・所長レポート


スタッフルームに戻る


アンモライト研究所 化石ジュエリー宝石販売ルーム

アンモライト研究所とは
当研究所の目的は、化石宝石アンモライトのロマン溢れる美しさを一人でも多くの方に知っていただくことです。
アンモライトについて
アンモライトの基礎知識、歴史、原石の色(ビジュアル図鑑)等を解説。アンモライトの名前の由来・・・
風水効果について(アンモライト)
「七色を持つ成功・幸運の石」の知られざる世界〜 アンモライトの色と「風水」との関係について・・・
GEM STONE(宝石)としてのアンモライト
アンモライトの成分等、科学的見地からの説明及びジュエリーに加工する過程のルースの種別解説・・
アンモライトのグレード(品質)
アンモライトの最新グレード評価をルース及びペンダントトップの実物写真で解説・・・
アンモライト研究報告
アンモライトに関する様々な疑問「原石の採掘場所による違い」・「アンモライトの種類」等を解決・・・
アンモナイトについて
アンモナイトは見た目からは貝類に思われますが、実はタコやイカの仲間です。アンモナイト縫合線・・
アンモナイト化石の構造
アンモナイト化石の中はどのようになっているのか? 置換された鉱物別のアンモナイトの内部構造・・
遊色効果のあるアンモナイト
遊色効果(イリデッセンス)のあるアメリカ・ロシア・マダガスカル等のアンモナイトを写真で解説・・・
アンモナイトの進化
頭足類の分類及び時代による形態変化の解説(ゴニアタイト目、セラタイト目、アンモナイト目)・・・
アンモナイトとオウムガイの違いについて
アンモナイト化石とオウムガイ化石の見分け方について写真と図を用いてわかりやすく解説・・・
世界のアンモナイトマップ
アンモライト研究所に所蔵される世界各国のアンモナイト化石標本を世界地図と写真にて解説・・・
化石ジュエリー宝石販売ルーム
アンモライトジュエリーは1点1点風合いが異なりますが、画像通りの商品をそのままお送りします・・・
スタッフルーム(★更新情報)
スタッフが仕事を通して感じたことなどを記した雑感集です。アンモナイトに関する雑学・豆知識も・・・
Copyright Ammolite Laboratory. All Rights Reserved.