アンモライト研究所
化石ジュエリー宝石販売ルーム > スタッフルーム > 2010年東京国際ミネラルフェア(新宿ショー)アンモライト研究所ブース
 2010年東京国際ミネラルフェア(新宿ショー)アンモライト研究所ブース
※新宿第一生命ビル1Fに於いて
開催日時 2010年6月4日より2010年6月8日まで

2010年東京国際ミネラルフェア(新宿ショー)のアンモライト研究所ブースの報告です。 今回で23回目を迎えるミネラルフェアーですが、アンモライト研究所では、今回2F特別展「アンモナイトの世界」内のアンモナイトグッズ販売ブースを所長と藤林とで担当、Canada Fossils社ブースは例年通り、佐藤が担当させていただきました。
今回の特別展のテーマは〜海のジュラシックパーク〜謎の絶滅動物「アンモナイトの世界」。世界のアンモナイト標本のほか、おもに日本のジュラ紀アンモナイト化石が展示されました。中でもジュラ紀のアンモナイト化石は地味ながらも、マニアにとっは、かなり感動もののすばらしい標本が見ることができます。今回のアンモナイト化石標本展示は東海化石研究会顧問の水野吉昭氏が監修をされており、山口県のアンモナイト化石標本も素晴らしかったですが、個人的には福井県産のシュードネウケニセラス ヨコヤマイが素敵だと思いました。

アンモライト研究所ブース カナダフォッスルブース
2F特別展内アンモライト研究所ブース
1Fカナダフォッスルブース
ここからは、新たに発売された当研究所の新商品を少し紹介したいと思います。まずはアンモライト標本セット。様々な色のアンモライト片が入っており、七色の神秘が観察できるお得標本セットです。博物館でも人気の商品です。次にアンモライトフリーフォームペンダント。これは、アンモライト原石の虹色に輝く良質部分をそのまま切りだして、大胆にフリーシェイプのまま当研究所にてペンダントトップに加工したもの。今までにないデザインと斬新なシェイプから醸し出される神秘性で人気を集めました(価格帯\3780〜\18900)。

アンモライト標本セット アンモライトフリーフォーム
アンモライト標本セット(ケース入り)
アンモライトフリーフォームペンダントトップ
良質な加工用アンモライト破片ス アンモライト携帯ストラップ
良質な加工用アンモライト破片
アンモライト携帯ストラップ

次に良質な加工用アンモライト破片ですが、こちらはデザイナーさんたちに人気の商品。クオリティーの違いにより、\1575〜\18900の価格帯でお選びいただけます。もちろんそのまま加工せずにお守りとして飾っていただくにもいいです。さらにアンモライト携帯ストラップ。こちらもアンモライトがストラップに商品化されたのは初めてということもあり、 注目のアイテムでした。またアンモライトルースはA,A+,AAグレードの品物を用意させていただきました。「金」が値上がりしてからは、自分自身でジュエリーを作られる方も増えたみたいで、ルースの中でも涙型の小振りなものが人気でした。アンモライトナチュラルルースは、ジュエリーを作るのではなくただコレクションとして、美しいから持っておきたいという需要も男性に多かったような気がします。

カナダのアンモライトルース・トリプレット
A〜AAグレードのアンモライトルース 
アンモライトナチュラルルース 

なお、古代生物ガラスフィギュア3種については、すでに昨年9月アンモライト研究所から発売済ですが、アンモナイトフィギュアについては、前のバージョンより足の長さを長くして波をうたせた形に進化させて、新たなセカンドバージョン発表となりました。よりリアルなアンモナイトが表現できたかと思っています。評判も上々です。三葉虫、オルソセラスなど、ふだんは見向きもされないフィギュア達も、この東京国際ミネラルフェア(新宿ショー)では、アンモライト研究所ブースの主役になるほどに注目されていました。やはりこだわり商品もそれなりにわかっていただける方達が集まる所でないと「輝き」を増さないのだなあとつくづく思いました・・・・・。

進化バージョンのアンモナイトガラスフィギュア
進化バージョンのアンモナイトガラスフィギュア
根強い人気の三葉虫ガラスフィギュア
超レアなオルソセラス(直角石)ガラスフィギュア
超レアなオルソセラス(直角石)ガラスフィギュア
アンモナイト型木製腕時計(材質/白檀製)
アンモナイト型木製懐中時計(材質/白檀製)
アンモナイト型木製懐中時計(材質/白檀製)
アンモナイトストラップ(NEWブラウンバージョン)

また、アンモナイト化石の形をかたどったアンモナイト型木製腕時計及び アンモナイト型木製懐中時計(材質/白檀製)ですが、文字盤のこだわり【(カンブリア紀〜オルドビス紀〜シルル紀〜デボン紀〜石炭紀〜ペルム紀〜三畳紀からジュラ紀〜白亜紀)をそれぞれの時代の長さ算出をして、時計の12時間の中に正確に按分してあります】に賛否両論が・・・・・。アンモナイト好き、化石好きな方には、たいへん好評でした・・・。しかし、そうでない方には・・・・・時間がわかりやすい文字盤のほうがいいという意見も・・・・・。
最後に、ガラスのアンモナイトストラップの新作カラーであるブラウンバージョンは思いのほか好評でした。モデル標本は、ドイツ産のプレユーロセラス・スピナータムです。特別展会場内では売り切れになってしまいましたが、現在は再入荷いたしましたので、ご購入いただけます。お気軽にお電話いただければと思います。
アンモライト研究所 化石ジュエリー宝石販売ルーム担当
佐藤のレポートでした。

スタッフルームに戻る


アンモライト研究所 化石ジュエリー宝石販売ルーム

アンモライト研究所とは
当研究所の目的は、化石宝石アンモライトのロマン溢れる美しさを一人でも多くの方に知っていただくことです。
アンモライトについて
アンモライトの基礎知識、歴史、原石の色(ビジュアル図鑑)等を解説。アンモライトの名前の由来・・・
風水効果について(アンモライト)
「七色を持つ成功・幸運の石」の知られざる世界〜 アンモライトの色と「風水」との関係について・・・
GEM STONE(宝石)としてのアンモライト
アンモライトの成分等、科学的見地からの説明及びジュエリーに加工する過程のルースの種別解説・・
アンモライトのグレード(品質)
アンモライトの最新グレード評価をルース及びペンダントトップの実物写真で解説・・・
アンモライト研究報告
アンモライトに関する様々な疑問「原石の採掘場所による違い」・「アンモライトの種類」等を解決・・・
アンモナイトについて
アンモナイトは見た目からは貝類に思われますが、実はタコやイカの仲間です。アンモナイト縫合線・・
アンモナイト化石の構造
アンモナイト化石の中はどのようになっているのか? 置換された鉱物別のアンモナイトの内部構造・・
遊色効果のあるアンモナイト
遊色効果(イリデッセンス)のあるアメリカ・ロシア・マダガスカル等のアンモナイトを写真で解説・・・
アンモナイトの進化
頭足類の分類及び時代による形態変化の解説(ゴニアタイト目、セラタイト目、アンモナイト目)・・・
アンモナイトとオウムガイの違いについて
アンモナイト化石とオウムガイ化石の見分け方について写真と図を用いてわかりやすく解説・・・
世界のアンモナイトマップ
アンモライト研究所に所蔵される世界各国のアンモナイト化石標本を世界地図と写真にて解説・・・
化石ジュエリー宝石販売ルーム
アンモライトジュエリーは1点1点風合いが異なりますが、画像通りの商品をそのままお送りします・・・
スタッフルーム(★更新情報)
スタッフが仕事を通して感じたことなどを記した雑感集です。アンモナイトに関する雑学・豆知識も・・・
Copyright Ammolite Laboratory. All Rights Reserved.