アンモライト研究所
化石ジュエリー宝石販売ルーム > スタッフルーム > 国際ミネラルアート&ジェム展(IMAGE2010)アンモライト研究所ブース
 国際ミネラルアート&ジェム展(IMAGE2010)アンモライト研究所ブース
※新宿第一生命ビル2Fに於いて
開催日時 2010年9月30日より2010年10月4日まで

2010年国際ミネラルアート&ジェム展(IMAGE2010)のアンモライト研究所ブースの報告です。
今回初めてこの9月のショーに出展致しました当研究所では、主にアンモライト加工用破片、アンモライトルース、アンモライトを使ったオリジナルペンダントトップ及び世界各国のアンモナイト化石を使ったアクセサリー等を主に紹介させていただきました。
10月におこなわれるこの「石」の祭典は、6月の東京国際ミネラルフェアーとは違い、主に自然の鉱物・化石を使ったアート作品やジュエリーが展示されるショーです。このショーでは、一般のコレクター、石に興味を持ち始めたビギナーの方、ジュエリーアーティストの方など様々な方達が来場されます。今回は当研究所の出展場所が2Fだったこともあり、1Fのメイン会場をくまなく探したけれど見つからなくて、たどり着くのに苦労しましたという声が多く聞かれました。見つけるまでに時間がかかってしまったにもかかわらず、わざわざ遠くからお越しくださった方々にはたいへんご迷惑をかけてしまい申し訳ございませんでした。次回からはもう少しわかりやすい案内をさせていただきます。
アンモライト研究所ブース アンモライト研究所ブース
IMAGE2F会場内入口
2F会場内アンモライト研究所ブース

では、今回新たに発売された当研究所の新商品を簡単に紹介したいと思います。まずはアンモライト標本セット。6月の新宿ショーでも紹介させていただきましたが、七色の神秘が観察できるお得標本セットはやはり人気のアイテムでした。今回はブラックボックス入りの新バージョンです。次にアンモライトフリーフォームペンダント。これも、6月の東京国際ミネラルフェアーの2Fで紹介させていただきましたが、今回はさらにお客様ご自身でオリジナルアクセサリーを作っていただけるように研磨したアンモライト原石破片も販売させていただきました。これらは穴あきがない研磨されたアンモライト片で自分で好きなところに穴をあけて加工いただけるもの。スタビライゼーション済なので強度の部分も問題なしです。これらは、自らアクセサリーを作られる、こだわりのある方達の材料として評価が高かったように思えます。
2F会場内アンモライト研究所ブース アンモライト標本セット
2F会場内アンモライト研究所ブース
アンモライト化石標本セット
良質な加工用アンモライト破片ス アンモライト携帯ストラップ
アンモナイト化石の密集部分をカットしたペンダント
フリーフォームアンモライトペンダント

当研究所で加工されたオリジナルペンダントとしては気分によって表裏の使いわけができる非常にレアなダブルサイドのトップが、アラサー、アラフォーの女性に好感をもたれていたようです。次にアンモライトナチュラルルースですがこちらの商品はハイエンドのジュエリー用ルースです。通常アンモライトは硬度を上げるため、スピネルなどの高硬度なものでトリプレットにすることが多いのですが、このナチュラルルースはアラゴナイト層が厚いため、専門の研磨技術者により美しいソリッドのルースに仕上げられたものです。(※ソリッドとは、張り合わせではない、アラゴナイト層のみを使用したルースのこと)したがって、形も色もユニークで貴重な逸品なのですが、お手入れに注意いただかないといけません。汚れを取るために超音波洗浄などは避けなければならず、扱いは真珠(パール)のように丁寧な手入れが必要です。

GEM STONE(宝石)としてのアンモライト
"http://www.ammolite.co.jp/gemstone/"
カナダのアンモライトルース・トリプレット
アンモライトナチュラルルース(スピネル不使用) 
アンモライトナチュラルルース(スピネル不使用) 

また今回人気が高かったものにアンモライト携帯ストラップがあげられます。お手軽に神秘の化石アンモライトを身に付けられるとあって、様々な年代の方々に好評でした。
またスーツの襟(ラペル)部分に付けるアンモナイト実物化石のラペルピンも、流行を取り入れるのが早い方達に注目のアイテムでした。とくにロシア産ジュラ紀のKosmoceras(コスモセラス)のピンタックなどは、形が美しいこともあり、評価は高かったです。
進化バージョンのアンモナイトガラスフィギュア
人気のアンモライト携帯ストラップ¥3500〜
メープルリーフ柄アンモライトストラップ
超レアなオルソセラス(直角石)ガラスフィギュア
スーツに付けたロシア産アンモナイトピンタック
アンモナイト実物化石ピンタック
アンモナイト型木製懐中時計(材質/白檀製)
アンモナイト実物化石ストラップ
アンモナイト実物化石ラペルピン&ハットピン

またマダガスカル産のDouvileyceras(ドウビレイセラス)のストラップや同じくマダガスカル産のEoguadryceras(エオゴードリセラス)の携帯ストラップなどは、自然の「美」が強く感じられるということで、まとめて購入される方もおられました。少しずつ普段のライフスタイルにも拡がりを見せてきたアンモナイト化石たち・・・・・。うれしい限りです。
アンモライト研究所 化石ジュエリー宝石販売ルーム担当
佐藤のレポートでした。

スタッフルームに戻る


アンモライト研究所 化石ジュエリー宝石販売ルーム

アンモライト研究所とは
当研究所の目的は、化石宝石アンモライトのロマン溢れる美しさを一人でも多くの方に知っていただくことです。
アンモライトについて
アンモライトの基礎知識、歴史、原石の色(ビジュアル図鑑)等を解説。アンモライトの名前の由来・・・
風水効果について(アンモライト)
「七色を持つ成功・幸運の石」の知られざる世界〜 アンモライトの色と「風水」との関係について・・・
GEM STONE(宝石)としてのアンモライト
アンモライトの成分等、科学的見地からの説明及びジュエリーに加工する過程のルースの種別解説・・
アンモライトのグレード(品質)
アンモライトの最新グレード評価をルース及びペンダントトップの実物写真で解説・・・
アンモライト研究報告
アンモライトに関する様々な疑問「原石の採掘場所による違い」・「アンモライトの種類」等を解決・・・
アンモナイトについて
アンモナイトは見た目からは貝類に思われますが、実はタコやイカの仲間です。アンモナイト縫合線・・
アンモナイト化石の構造
アンモナイト化石の中はどのようになっているのか? 置換された鉱物別のアンモナイトの内部構造・・
遊色効果のあるアンモナイト
遊色効果(イリデッセンス)のあるアメリカ・ロシア・マダガスカル等のアンモナイトを写真で解説・・・
アンモナイトの進化
頭足類の分類及び時代による形態変化の解説(ゴニアタイト目、セラタイト目、アンモナイト目)・・・
アンモナイトとオウムガイの違いについて
アンモナイト化石とオウムガイ化石の見分け方について写真と図を用いてわかりやすく解説・・・
世界のアンモナイトマップ
アンモライト研究所に所蔵される世界各国のアンモナイト化石標本を世界地図と写真にて解説・・・
化石ジュエリー宝石販売ルーム
アンモライトジュエリーは1点1点風合いが異なりますが、画像通りの商品をそのままお送りします・・・
スタッフルーム(★更新情報)
スタッフが仕事を通して感じたことなどを記した雑感集です。アンモナイトに関する雑学・豆知識も・・・
Copyright Ammolite Laboratory. All Rights Reserved.