アンモライト研究所
化石ジュエリー宝石販売ルーム > スタッフルーム > アンモナイトデザイン腕時計新作発表【アンモライト研究所(2016年池袋ショー)】
 アンモナイトデザイン腕時計新作発表
【アンモライト研究所(2016年池袋ショー)】
※池袋サンシャインシティー文化会館3F第2会場
開催日時 2016年12月2日より2016年12月5日まで

2016年第25回「東京ミネラルショー」(池袋ショー)アンモライト研究所ブースの報告です。
今回の東京ミネラルショーに出展致しました当研究所では、アンモナイトデザイン腕時計のフルラインナップの発表を中心に展示いたしました。

今回のショーでは、発売と同時に人気を博しているアンモナイトデザイン腕時計のトノー型及びラウンド型の様々な樹種を使ったシリーズの紹介。前回の大丸東京店11Fメンバーズサロンでお目見えだったアフリカンローズウッド&ウォールナットに加えて、世界三大銘木の一つと言われているチーク及び稀少木で有名なダークサンダルウッド(ビャクダン)も仲間入り。ダークサンダルッドはビジネス使用でもOKな重厚な仕上がりです。

アンモナイト時計 アンモナイト時計
アンモナイトデザイ腕時計(トノー型)
アンモナイトデザイン腕時計(ラウンド型)

ここで製作にあたったカナダ・バンクーバーの時計工房TENSE(テンス)社の話を少し。 TENSE社は、1971年創業の木製腕時計(ウッドウォッチ)のパイオニア的存在。この木製の腕時計(ウッドウォッチ)が誕生したきっかけは、「カナダに生育するメープルウッドのよさをなんとか世界中の人々に届けることができないだろうか」という創業者Mariaの熱き思いでした。 大自然に囲まれた中で生活をしていた彼女はある時、ふと時計と木の組み合わせを考えたのでした。まさにその瞬間がウッドウォッチが生まれたルーツ。それは、まだバンクーバーに交通綱が発達していなかった1971年、今から45年前のことでした。

アンモナイトシェル腕時計 アンモナイトシェル腕時計
トノー型アンモナイト腕時計
トノー型アンモナイト腕時計

会社名及びブランドロゴである「TENSE」とは英語で「時制」という意味です。 時の過去・現在・未来を指す動詞の変化です。
カナダのシンボル的なMaplewood【メープルウッド】(カエデ)を使った腕時計製作を出発点として、工房職人の伝統技術をさらに進化させ、現在では世界各国より厳選された天然木を取り寄せ、Sandalwood【サンダルウッド】をはじめ、Cedar【シダー】(北米杉)、Walnut【ウォールナット】、African rosewood【ブビンガ】、Zebra wood【ゼブラウッド】、Teak【チーク】を使用した木製腕時計をカナダ・バンクーバーの工房にて一点一点丁寧に製造しています。
そして今回アンモライト研究所発のオリジナルウォッチ として全世界に先駆け、黒蝶貝(Black mother of pearl)を文字盤に使ったアンモナイトウォッチ発売に至りました。

アンモナイト腕時計 アンモナイト腕時計
ラウンド型アンモナイト腕時計
ラウンド型アンモナイト腕時計

メイドインカナダのこの商品は、ムーブメント(駆動部分)は安心のシチズン製。2年間の保証付きです。風防(ガラス部分)はクリスタルガラスで、バックル部分はステンレス製。使い込むほどに木肌の色合いがアンティーク調の渋い色合いに変化する愛着の湧く一品です。

アンモライト研究所  所長レポート

スタッフルームに戻る


アンモライト研究所 化石ジュエリー宝石販売ルーム

アンモライト研究所とは
当研究所の目的は、化石宝石アンモライトのロマン溢れる美しさを一人でも多くの方に知っていただくことです。
アンモライトについて
アンモライトの基礎知識、歴史、原石の色(ビジュアル図鑑)等を解説。アンモライトの名前の由来・・・
風水効果について(アンモライト)
「七色を持つ成功・幸運の石」の知られざる世界〜 アンモライトの色と「風水」との関係について・・・
GEM STONE(宝石)としてのアンモライト
アンモライトの成分等、科学的見地からの説明及びジュエリーに加工する過程のルースの種別解説・・
アンモライトのグレード(品質)
アンモライトの最新グレード評価をルース及びペンダントトップの実物写真で解説・・・
アンモライト研究報告
アンモライトに関する様々な疑問「原石の採掘場所による違い」・「アンモライトの種類」等を解決・・・
アンモナイトについて
アンモナイトは見た目からは貝類に思われますが、実はタコやイカの仲間です。アンモナイト縫合線・・
アンモナイト化石の構造
アンモナイト化石の中はどのようになっているのか? 置換された鉱物別のアンモナイトの内部構造・・
遊色効果のあるアンモナイト
遊色効果(イリデッセンス)のあるアメリカ・ロシア・マダガスカル等のアンモナイトを写真で解説・・・
アンモナイトの進化
頭足類の分類及び時代による形態変化の解説(ゴニアタイト目、セラタイト目、アンモナイト目)・・・
アンモナイトとオウムガイの違いについて
アンモナイト化石とオウムガイ化石の見分け方について写真と図を用いてわかりやすく解説・・・
世界のアンモナイトマップ
アンモライト研究所に所蔵される世界各国のアンモナイト化石標本を世界地図と写真にて解説・・・
化石ジュエリー宝石販売ルーム
アンモライトジュエリーは1点1点風合いが異なりますが、画像通りの商品をそのままお送りします・・・
スタッフルーム(★更新情報)
スタッフが仕事を通して感じたことなどを記した雑感集です。アンモナイトに関する雑学・豆知識も・・・
Copyright Ammolite Laboratory. All Rights Reserved.